バイク乗りで「バイク保険」未加入は命とり! その理由と「自賠責保険」の補償との違いを解説

現在バイクに乗られている方は、バイク保険にきちんと加入されていますか。 バイク保険はとても必要性の高い保険です。 バイク保険に加入していないと、事故を起こした場合に、巨額の損害賠償を負って生活が破綻してしまう可能性もあります。 「自賠責保険に入っていれば大丈夫だろう」 「バイク保険には入った方がいいのかな」 このように考えている方のために、今回は、バイク保険の必要性と仕組みについて簡単に解説していきます。 目次 バイク保険とは、バイクでの事故に備える保険 バイク乗りにバイク保険が必須である理由 バイク保険の補償内容は自動車保険とほぼ同じ バイク保険の車両保険は補償範囲を要確認 自賠責保険だけでは備えられない バイク保険とは、バイクでの事故に備える保険 バイク保険とは、バイクに乗っている最中に事故に遭った場合、相手に対して負った損害賠償や自分が負ったケガや後遺障害、自分のバイクの修理費用などを補償してくれる保険です。 バイク保険は任意保険ですので、加入が強制である自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)とは違って、加入するかどうかは自由です。 基本的には自動車保険と同じような保険だと考えると分かりやすいです。 バイク乗りにバイク保険が必須である理由 バイクに乗る人にとってバイク保険が必須である理由は、強制加入の自賠責保険だけでは補償が不十分だからです。 自賠責保険の補償範囲は、事故相手の死亡や後遺障害、ケガなどに限られており、保険金額も最高で4,000万円まで です。 バイクで事故を起こした場合、数千万円~数億円の損害賠償を負う可能性があるだけでなく、相手の物を壊した場合の補償もありません。 また、バイクは転倒しやすいだけでなく、自分を守るものはヘルメットとプロテクターのみですので、自動車と比較しても事故によってケガや後遺障害を負いやすい乗り物です。 しかし自賠責保険には、自分が負ったケガや後遺障害は補償されません。 バイク保険に加入していれば、 相手の身体や物に対する補償額が無制限にできるだけでなく、自分のケガや後遺障害にも備えられる ため安心です。 それにもかかわらず、バイク保険に加入している人は、全体の4割ほどです。 自動車保険に加入している人が、全体の約8割以上であることを考えると、非常に低い加入率です。 ※出典:損害保険料率算出機構 自動車保険の概況(2018年版より) バイク保険の補償内容は自動車保険とほぼ同じ …

Read More

自動車保険の等級は「節約」につながる 仕組みや割引の活かし方をプロが教えます。

自動車保険は、自動車を運転する為に必要不可欠なものとなっています。 しかし、事故がなければ毎年、高額な保険料を払い続ける、いわばお守りに似た商品です。 高額なイメージの自動車保険ですが、等級を呼ばれる割引があり、同じ車種でも保険料が大きく違ってきます。 今回は、自動車保険の等級について理解し、毎年の節約につなげられる方法を解説していきます。 目次 自動車保険への加入は必要なのか 保険料の決定と仕組み 分割払いよりも一括払いがお得 セカンドカー割引や等級継承で保険料を節約 自動車保険への加入は必要なのか 自動車保険は、 ・ 必ず加入すべき自賠責保険 ・ 個々で加入する任意保険 2種類に分類されます。 任意で加入する自動車保険は、第三者や物、自分自身、自分の自動車といったあらゆる損害への補償を担うため保険料が一律ではありません。 任意をいう観点から加入していないという人もいます。 しかし、事故があった時の補償を個人負担することを考えれば、任意保険への加入は自動車を運転するものにとって必須です。 保険料の決定と仕組み 初めて自動車保険に加入する時の等級は、6等級からスタートします。 基本は、1年更新で事故がなければ1等級あがります。 この繰り返しで、最高20等級まで割引が設定されています(一部の保険には22等級まであります。)。 それでは、事故のない状態での等級別の割引を一部挙げていきます。(令和元年12月現在) ・ 6等級:19%割引・ 10等級:45%割引・ 15等級:51%割引・ 20等級:63%割引 6等級から10等級の割引になるまでに4年、6等級から20等級になるまでには19年保険を使わないことが条件です。 …

Read More

現時点で最強の異名をとる医療保険「はなさく生命」を紹介 保険ランキング上位3社と比較

「医療保険」は病気やケガによる治療費用などに備える民間の保険です。 日本は世界的に見ても、国民健康保険や社会保険など「公的保障」が充実していると言われてきました。 しかし、現在は福祉先進国といわれる北欧のスウェーデンやドイツ、フランスに対し、高齢化率世界一の日本としては、かなり低い水準となっていて、公的医療保険が未整備であるアメリカと同水準となっています。(参考元:厚生労働省「社会保障制度等の国際比較について」(pdf)) 今後、社会保障が充実していけばよいのですが、少子高齢化や政権によっては社会保障が「改悪」されていく可能性もゼロではないと言えます。 あなたや大切な家族の身は「あなた自身」で守っていくことが賢明ではないでしょうか。 終身雇用、年功序列社会から自助努力、自己責任という社会に日本は既にシフトしつつあります。 そのような中で、病気やけがに対する医療保険を現時点で最高水準の商品で安心を手に入れられたらどうでしょうか。 さて、前置きが長くなってしまいましたが、2019年の7月1日、現時点で最高水準を誇る医療保険「はなさく医療」が、はなさく生命から発売されました。 ≪画像元:はなさく生命≫ 目次 はなさく生命とは 失敗しない医療保険を選ぶポイント 医療保険を選ぶ商品内容の重要ポイント はなさく医療の内容 はなさく医療と他社医療保険の内容比較 先進医療の一時金がない(先進医療の技術料のみ給付) 保険料の比較 あなたが何を必要とするかによって変わります はなさく生命とは 日本の生命保険会社大手である日本生命のグループ会社です。 代理店向けの商品を中心として設立された新しい生命保険会社です。 ですから、はなさく医療は日本生命の保険外交員は取り扱うことができません。 また、日本の生命保険会社の代理店向けサブブランド会社としてこれまでにも以下のような会社が設立され、親会社とは異なる志向の商品が販売されてきました。 メディケア生命:2009年10月設立(住友生命グループ) ネオファースト生命:2014年8月損保ジャパンDIY生命を子会社化・11月に社名変更(第一生命グループ) 失敗しない医療保険を選ぶポイント さて、はなさく医療の内容や保険料をお知らせさせていただく前に、まずは医療保険を選ぶうえで大切なポイントを以下に挙げさせていただきます。 医療保険を選ぶ商品内容の重要ポイント ・ 保険料:掛け捨て型の場合は「いかに安いか」が大切です。 …

Read More

【独自調査】民間の医療保険に入っている人・いない人、それぞれの理由

民間の医療保険については、 「公的医療保険制度があるから加入する必要はない」 「公的医療保険制度対象外の出費や収入減に備えて加入した方がよい」 という相反する意見があります。 では、実際に民間の医療保険に加入している人・いない人は、それぞれどのような理由で決断しているのでしょうか。 いろいろと聞いた結果を紹介します。 目次 民間の医療保険に加入している人の理由 子供に医療保険を掛けている理由 自分に医療保険を掛けている理由 民間の医療保険に加入していない人の理由 子供に医療保険をかけていない理由 自分に傷害保険を掛けている理由 意見2 のような考え方の注意点 意見3について 終身保険をこのように活用するための注意点 「傷害保険」の補償範囲 加齢とともにケガや病気のリスクも高まる 民間の医療保険に加入している人の理由 子供や、自身が民間の医療保険に加入している人の理由を紹介します。 子供に医療保険を掛けている理由 Aさん:自分が子供の頃、親が自分に医療保険を掛けてくれていたので、そういうものだと思っている。 Bさん:保険料の負担感より保険に入っているという安心感の方が大きいから(子供は保険料が安いから)。 Cさん:運動部に入っているので、ケガに備えて。 Dさん:子供がケガや病気をした時に十分な治療を受けさせてあげられるように。 Eさん:子供の医療費は市の助成(18才の3月31日まで)があるので無料だが、子供が入院や手術をすると親が仕事を休むことになって収入が減ったり、医療費以外の出費がかさんだりすると思うから。  Cさんは、手術や入院もありますが、生命保険会社の医療保険では、入院を伴わない通院は保障がないことから、共済に加入していました。 「保険料より多くの給付金をもらう年もある。運動部に入っていなくても子供にケガはつきものだから、共済はおすすめ!」 と、Cさんは言っていました。 自分に医療保険を掛けている理由 …

Read More

住宅ローンを組んで団信に加入したらもう「生命保険」は必要ない? 遺族年金、団信の保障の落とし穴

「住宅を購入したら生命保険は不要」という意見を聞いたことはありませんか。 住宅ローンを組んで住宅を購入すると、団体信用生命保険に加入するため、これまで加入していた生命保険は不要と感じている方もいらっしゃるようです。 住宅を購入したからといって生命保険が不要になるわけではありませんが、保障の見直しは必要な場合があります。 特に未成年のお子さんがいらっしゃるご家庭の場合は、慎重に保障を選びましょう。 今回は、住宅ローンを組んで住宅を購入した場合の生命保険について解説します。 目次 住宅ローンを組んでも生命保険が必要な場合がある 住宅ローンを組んだ場合は加入している保険の見直しは必要 家族と相談のうえで必要な保障を準備しましょう 住宅ローンを組んでも生命保険が必要な場合がある 住宅ローンを組んで団体信用生命保険に加入しても、生命保険が必要な場合がある理由は、団体信用生命保険が「死亡時にローンの残債がゼロになる保険」に過ぎないからです。 つまり、残された家族は住宅ローンの返済をしなくて良くなるだけです。 以下のようなお金は、引き続き必要です。 ・ 今後の生活費や子供の教育費 ・ マンションに住んでいる場合は管理費や修繕積立金、駐車場代 ・ 戸建て住宅の場合は将来の修繕に備える資金 亡くなった方に家族がいる場合は、遺族年金が支給されるためある程度の生活費はカバーできます。 しかし遺族年金の額は個人によって異なるだけでなく、残された家族が生活していくだけの十分なお金が支給されるとも限りません。 住宅を購入しても、遺族年金や配偶者の収入などから、残された家族の生活費などを引いてマイナスになる場合は、生命保険に加入しておく必要があります。 例えば、残された家族の生活費が住居費を除いて月35万円、遺族年金と配偶者の収入が25万円の場合、毎月10万円の赤字となり、定期保険や収入保障保険などで補う必要があります。 住宅ローンを組んだ場合は加入している保険の見直しは必要 住宅を購入した場合は、すでに加入している生命保険を見直してみましょう。 特に死亡保障額を、残された家族の住居費(家賃)を考慮して算出していた場合は、その分だけ死亡保障を削れる可能性があります。 また、加入している団信の保障範囲が、死亡や三大疾病(がん・心筋梗塞・脳卒中)などの場合、三大疾病以外の病気やケガで働けなくなったときや長期療養をした場合、団信では保障されません。 入院した場合や働けなくなった場合のローン返済に備えて、必要に応じて医療保険や就業不能保険などへの新規加入、見直しを検討しましょう。 賃貸の場合は、引っ越しをすることで家賃負担を下げられる可能性もあります。 しかし住宅ローンを組んで家を買った場合は簡単に引っ越せません。 …

Read More

【がん保険】働きながら治療する人をサポート 時代にあった保険に加入していますか

日本人の2人に1人が将来がんに罹患する可能性があること、各メディアでも発信がされています。 若いからがん保険はいらないというご意見も20代や30代で罹患を発表した有名人を見ていると、入らない理由にならないと感じる昨今です。 目次 今の保険は時代にあってますか 今どきのがん保険 就業不能の保険 治療しながら働ける新時代 今の保険は時代にあってますか 最近は医療の発達で、幸いにも早期発見のがんが多く、治せる病気になりつつあります。 治せる病気であるということは、がんになったからという理由で、会社を辞めなくてもよかったり、治療をしながら働く人が増えてきているということになります。 開発当初のがん保険は、治療費にフォーカスされたものでした。 ちょっと前のがん保険は  がんに罹患しました=がん診断一時金を支払います というのが、ありがたいものでした。 しかしながら、この数年で がんになり手術をし、その後治療のために病院に通う=働きながらがんを治していく という人も多くなり、保険もそれに見合った形に変化しています。 今どきのがん保険 がん診断時の一時金、がんによる治療費に加え、がん罹患による収入減少を補填する商品が理にかなっていると思います。 ライフネット生命では、2017年からがん保険ダブルエールを販売しています。 ≪画像元:ライフネット生命≫ この保険は、働きながら治療をする人をサポートすることをいち早くコンセプトとし、 がん診断一時金に加え、がんの治療費である治療サポート給付金、がん治療に伴う休職や時短勤務などによる収入減に備えるがん収入サポート給付金の2つの給付金を付加できる点 に特徴があります。 各社この手の開発が進んでいますが、家事代行サービスを紹介するなどの一時金の使い道までも提案してくれるがん患者に寄り添った優しい保険だと思いました。 がんに罹患して、働くことをあきらめる人も多い中、今は病院の先生もできるだけQOLの確保も必要と考えての治療を選んでくれる流れであり、その解決に収入減少を補ってくれるものがまさに今どきのがん保険と言えるでしょう。 就業不能の保険 多くの保険会社より発売され、すでに心配で入った方も多いと思います。 就業が全くできない場合にしか出ない補償なのか、収入減であっても支払いがされる補償なのか、1度皆さんの保険も見直してみること、必要であると思います。 治療しながら働ける新時代 …

Read More

【自動車保険】ネット加入の落とし穴 節約と利便性を考えた保険の入り方とは

インターネットの普及により、何をするにもネットがあれば可能ともいえる時代となりました。 特に、ネットショッピングの品ぞろえは幅広く、家にいながら全てそろうと言っても過言ではありません。 自動車保険もその1つとなりました。 自由化となった現在ではさまざまな自動車保険が販売されています。 ネット保険は、一般的な自動車保険より2割ほど安くなっています。 お守りともいえる自動車保険を少しでも節約したいと切り替える人も多く、需要は上昇傾向にありますが、ネット保険から一般的な自動車保険に戻す人がいるのも事実です。 今回は、ネット保険でのメリットや節約に加え、ネット保険に加入する際に注意しておくことを解説します。 目次 【メリット1】ネット保険は保険料の安さが魅力の商品 【メリット2】等級が高いほど安さを実感できる 【注意点1】ネット保険に不向きな場合もある 【注意点2】全ての手続きを自分で行う 【注意点3】保険の知識と信用が不可欠 保険の知識を少し持つ 【メリット1】ネット保険は保険料の安さが魅力の商品 ネット保険は、従来の保険代理店を通さず直接、自分で加入する自動車保険です。 契約者と保険会社との間に代理店を挟まない分、保険料を安く抑えることが可能です。 また、紙ベースの申込書や人件費がかからない点も保険料の安さにつながっています。 【メリット2】等級が高いほど安さを実感できる 保険料の安さからすればネット保険はかなりお得です。 例えば、2,000ccクラスのドイツ車に車両保険と賠償保険をつけて加入代理店を介して加入した場合、さまざまな条件(車両の価格や被保険者の年齢、運転者の範囲など)などの差はありますが、20等級でも10万円強の保険料がかかってきます。 しかし、ネット保険に切り替えたら同条件で3万円ほど安くなることもあります。 割引が高いものにプラスしてネット保険の安さが重なれば、安価な保険料の恩恵が受けられます。 【注意点1】ネット保険に不向きな場合もある 保険料の安さからするとネット保険は最強です。 しかし、保険料だけに飛びつくと後悔してしまう場合もでてくることを忘れてはいけません。 事故が起きた時、ネット保険での対応は音声ガイダンスが基本となります。 オペレーターに繋がるまでの時間や今後の対応などについて「1秒でも早く知りたい!」と焦っても代理店のように担当者がすぐ対応してくれる訳ではありません。 「事故の対応が自分の思っていたものと違った」 という声をわたしも実際に聞きました。 …

Read More

【自動車保険】「家族限定」で補償されない落とし穴がある 保険料を抑え必要な補償を受けるために大切なこと

自動車保険の被保険者を意識して加入している人は意外と少なく、世帯主名義の家庭が大半です。 特に、免許証を取得した未成年の子どもがいる家庭では、子どもが保険料をいきなり支払うことは少ないのが現状です。 この点から、保険契約者や被保険者を親にしているのですが、あるきっかけで予測していない事態が起き相談にのることがあります。 今回は保険料を抑えると同時に、しっかり補償してもらうためにも大切な、「被保険者変更」について解説していきます。 目次 「家族限定」で補償されない落とし穴がある 「家族限定」では補償対象外となる危険もある 実際に相談された事例 「被保険者の変更」が節約のポイント 生活環境の変化に応じて自動車保険も見直す 「家族限定」で補償されない落とし穴がある 自動車保険は、補償する人の範囲を決められます。 ・ 本人夫婦限定 ・ 家族限定 ・ 本人限定 ・ 限定なし 主なものはこの4つです。 本人夫婦限定は、被保険者とその配偶者に限られます。 本人夫婦限定などは、名前の通りなので範囲が分かりやすいのですが、注意しておくべき補償の範囲は「家族限定」です。 「家族限定」では補償対象外となる危険もある 家族というと、父母と子ども、それに加えて祖父祖母のイメージがあります。 しかし、自動車保険での家族とは、 同居している親族と未婚の別居の子ども を指すのです。 家族限定をつけると保険料は確かに安くなりますが、この点を勘違いすると事故を起こした時に補償の対象外となり大金を支払わなければならない場合も出てくるのです。 実際に相談された事例 …

Read More

「がん保険」は必要か? 「通常時」と「傷病手当金受給時」の「手取り収入の差額」から考える

「がんにかかるのは2人に1人といいますが…」 「がんでも社会保険制度があるから、そんなにお金はかからない?」 「がん保険には早めに加入すべき?」 昨今2人に1人ががんにかかると言われ、その数は年々増加傾向にあります。 この原因の1つが人口の高齢化です。 多くのがんが年齢が上がるにつれてかかる確率が高まるのです。 一方で、女性の子宮頸がんや乳がんなどは20代後半~40代にピークがあります。 目次 がんと診断された場合の「傷病手当金」を考える 通常時の手取り収入 「傷病手当金」受給時の手取り収入 「がん保険」は入れるうちに加入する がんと診断された場合の「傷病手当金」を考える もし、がんと診断されたら、まず何を考えますか。 がんと一言でいっても「がんの顔」は人それぞれ違いますので、もちろん治療法も異なります。 そして、もしもその治療が長引くものだったら生活はどうなるのでしょうか。 仕事をしている人は、治療のために休まなくてはならない場合もあるでしょう。 会社員であれば社会保険に加入していますので、最長1年半は「傷病手当金」が支給されます。 「傷病手当金」の支給額は毎月のお給料の2/3だと思ってください。 ここで気をつけたいのが 「あと1/3くらいなら貯金もあるしたぶん大丈夫だろう」 と安心してしまうことです。 通常時の手取り収入 具体的な数字を例に見ていきましょう。 例えば、毎月30万円のお給料をもらっている人がいます。 健康な時であれば、そこから 約10%の3万円が所得税・住民税 約15%の4万5,000円が社会保険料 として引かれています。 ということは、 …

Read More

女性専用の保険が販売されている「背景」と「理由」

医療保険やがん保険の中で、女性特有の病気を保障する保険や特約が数多く販売されています。 保障内容は、多くの場合で女性特有の病気になった場合に、保険金が上乗せされるというものです。 ではなぜ、女性専用の保険が販売されているのでしょうか。 ここでは女性専用の保険が販売されている背景や理由について解説していきます。 目次 女性特有の臓器に病気が発生しやすい 入院時のプライバシーを気にする女性が多い 女性特約を付加するかどうかは慎重に判断を 女性特有の臓器に病気が発生しやすい 女性保険や女性疾病特約がある理由は、女性だけが持っている臓器で重い病気が発症するケースがあるからです。 女性特有の病気には、以下のようなものがあります。 ● 乳がん ・ 子宮がん、子宮筋腫 ・ 卵巣がん、卵巣のう腫 ・ 帝王切開、切迫早産 など このように女性特有の臓器である乳房や子宮、卵巣においてがんなどの病気が発症する可能性があります。 中でも乳がんは、女性のがん罹患数において第1位、死亡数は第5位と、がんの中でも罹患率や死亡率が高いです。 ≪画像元:国立がん研究センター(pdf)≫ さらに子宮がんや卵巣がんなど、女性特有の臓器ではさまざまながんが発症する可能性があります。 がんは、症状が進行していた場合、入院や手術だけでなく放射線治療や抗がん剤治療などの専門治療が行われます。 そのためがんは、治療期間が長期にわたることもあり、高額療養費制度を利用したとしても、多額の医療費を自己負担しなければならないケースもある病気です。 また、乳がんの手術で乳房を切除した場合、乳房再建手術を受けられる方もいらっしゃいます。 加えてがんに罹患した場合は、抗がん剤治療で髪の毛が抜けてしまったときのためにウィッグを作成する人も珍しくありません。 このように女性は、女性特有の臓器において重い病気にかかったり、費用が膨れ上がったりする可能性があるため、女性特有の保険や特約が販売されています。 入院時のプライバシーを気にする女性が多い …

Read More